医療法人 圭信会

 東川島診療所 
 
 

      トップページ     症状別・治療方法    内科症状
 
  
 


 
 
 手足口病について
 
 
【病因】 エンテロウイルスの感染で、主に夏期に発症します。
手足口病をおこすウイルスは数種類あるため2回以上かかることもあります。
 
【症状】 口の中、手のひら、足などに水疱が出現し、通常3〜7日で消退します。
発熱はないか、ほとんどは軽度で38℃以下です。
 
【治療】 基本的には自然に治る病気で、特に治癒を早める薬もありません。
しかし、特に幼児の口内炎がひどい時には脱水の予防が肝心で、
水分を十分に与え、食事は薄味にします。
鎮痛剤やビタミン剤を与えることもあります。
 
【潜伏期】 潜伏期は3〜5日、他への感染可能期間は症状出現後2〜4週間です。
 
【出席停止期間】 特に決まったものはありません。
主治医と相談し、熱や口内炎の状態により休ませてください。









 施設のご紹介
 体操教室について
 検査について
 予防接種について
 



CopyRight Higashikawashima Clinic 2009