医療法人 圭信会

 東川島診療所 
 
 

      トップページ     症状別・治療方法    内科症状
 


 
 ヘルパンギーナについて
 
 
【病因】 エンテロウイルスの感染で、主に夏期に多く発症します。
 
【症状】 高熱とのどの奥に水疱が現れることが特徴です。
熱はだいたい2〜4日ほど続き、のどの痛みを伴います。
 
【治療】 基本的には自然に治る病気で、特に治癒を早める薬もありません。
高熱に対しては解熱剤を投与し、
  食事が十分に摂れないことが多いため、水分を十分に与えます。
 
【潜伏期】 潜伏期は2〜4日、他への感染可能期間は症状出現後2〜4週間です。
 
【出席停止期間】 特に決まったものはありません。
主治医と相談し、熱のあるうちは休ませてください。







 施設のご紹介
 体操教室について
 検査について
 予防接種について
 



CopyRight Higashikawashima Clinic 2009