医療法人 圭信会

 東川島診療所 
 
 

      トップページ    Q&A よくある質問集
 


 
 
 夜、高熱が出てしまった場合、すぐに救急病院へ行った方が良いですか?
 
 

慌てないでください!
熱が高いとびっくりして、心配してしまいますが、
まずは、
水分補給をしっかりして、
水枕でわきの下と頭を冷やしてください。
薄着にするだけで、熱が下がることもあります。
熱が上がりきっていたら、少し薄着にしましょう。

熱は、38.5℃以下で
(生後3ヶ月までの赤ちゃんは38℃以下)
機嫌もよく、日中とあまり変わりなければ
翌日受診しましょう。

熱が38.5℃以上でも、
(生後3ヶ月までの赤ちゃんは38℃以上)
熱が高くなっただけで、
日中とあまり様子が変わらず、
他に症状がなければ、翌日受診しましょう。
いつもと様子が違ったり、
痙攣や嘔吐、とろとろと寝てしまうなどの場合は
至急、救急病院へ行くようにしてください。

以下の観察ポイントで一つでも当てはまる時は、
すぐに受診してください!

●顔色が著しく不良。口唇が紫色
●ぐったりして、明らかにいつもと顔つきも違う
●ボーっとしている。うとうとしてすぐに寝てしまう
●意味不明な言動がある
●水分が半日以上ほとんど取れていない
●尿が半日以上出ていない



病院の診療を受けたほうがよいか、迷った場合は
休日や夜間でも小児科の医師や、看護師へ
電話で相談が出来ます。

全国同一短縮番号 プッシュ回線
#8000
をプッシュすると
お住まいの都道府県の相談窓口に自動転送されます。

患者の症状に応じた適切な対処の仕方や、
受診する病院などもアドバイスが受けられます。

小さいお子さんの症状で
どう対応すればよいか迷った場合は、
相談してみてください!




 施設のご紹介
 体操教室について
 検査について
 予防接種について












 



CopyRight Higashikawashima Clinic 2009