Q.子どもが嘔吐した場合は、どうすればよいですか?

A.

嘔吐時の注意は、
寝ているときに嘔吐がある場合、
嘔吐物が気管に入らないように顔を横に向けましょう。

衣類をゆるめて、胸やおなかを楽にして休ませましょう。
うがいが出来るときは、口をゆすがせましょう。

嘔吐した後は、1時間程度 食べ物や水分は与えないで下さい。
本人がほしがるようなら少量の水分を頻回に与えましょう。

嘔気がある際に与える水分は、
水・イオン水・薄めたお茶が良いでしょう。
牛乳やジュースは消化が悪いのでやめましょう。

落ち着いたら、野菜スープ・コンソメスープ・薄めの味噌汁を与えてみましょう。
食事は無理に与えなくても大丈夫です。


嘔吐をくりかえしているときに、心配なのは脱水症状です。
吐き気がおさまったあと、水分が飲めたり
下痢や発熱などがなく、全身状態が良い場合は
しばらく様子をみて、受診しましょう。


頭を打ったときや、高熱があるときに
繰り返し嘔吐したり、
ひきつけや、意識の低下
尿が半日出ない場合などは、
大至急受診しましょう。

なにかを飲むと吐いてしまう・・・など
水分が取れないときも、
なるべく早く受診するようにしましょう!

吐いたものはすぐに片付けて、感染予防のために
家族もよく手洗いをしましょう!

2016年10月02日