Q.インフルエンザと風邪はどこが違うのでしょう?

A.

インフルエンザはインフルエンザウイルスという
特定の微生物の感染によって起こる病気です。

一方風邪(かぜ症候群)とは、ライノウイルス、コロナウイルス、
RSウイルスなど、種々なウイルス感染によって起こる
上気道炎の総称です。

インフルエンザでも、軽い場合にはその他の「風邪」と
区別がつきにくいですが、一般にインフルエンザの症状は重く、
特に小児や高齢者、基礎疾患がある場合では
重症化しやすい傾向があります。

さらに肺炎や脳症などの合併症も問題となります。
ときに大流行を起こし、多くの犠牲者を出すこともあります。

2016年10月01日