認知症初期集中支援チームについて

横浜市では、認知症初期集中支援チームを市内4区に設置し、支援につながっていない、届いていない人に集中支援を実施しています。
認知症は、早期発見・早期対応が重要です。早期に発見し、対応することで、認知症の重症化を防ぐことをねらいとしています。
保土ヶ谷区では、当院が設置医療機関となりました。お近くに対象になりそうな方がいましたら、ぜひご相談ください。

 

- 認知症初期集中支援チームとは -

1.目的 認知症になっても認知症の人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で暮らし続けられるために、認知症の人やその家族に早期に関わる「認知症初期集中支援チーム」を設置し、認知症の早期診断・早期対応に向けた支援体制を構築します。
2.内容 専門職で構成するチームが、医療や介護につながっていない認知症の人や疑いのある人の自宅を訪問し、医療機関の受診や介護サービスの利用支援をしたり、認知症の状態に応じた助言等を行い、安定的な支援につなげます。
※チームの構成:保健師、看護師、作業療法士、精神保健福祉士、介護福祉士等の医療保健福祉に関する国家資格を有する者2名以上と認知症の専門医等1名以上で構成します
3.対象 在宅で40 歳以上の認知症が疑われる人や認知症の人で、
①医療・介護サービスを受けていない人、または中断している人
②医療・介護サービスは受けているが、認知症による症状が強く、対応に困っている人
4.初期集中支援の内容 ①専門医療機関への受診に向けた動機付けを行い、継続的な医療支援につなげる
②介護サービス利用の勧奨・指導を行う
③認知症の重症度に応じた助言
④食事や運動等の身体を整えるケアや生活環境の改善 等
※期間はおおむね6か月